魔轟三鉄傑のあゆみ②【解き明かされる真贋の章】

魔轟三鉄傑のあゆみ②【解き明かされる真贋の章】

“謎の女”について襲われた人の話を聞くため、三人は山を下り、ふもとの村へと向かった。

村の子供

わーい、ダムザさんだ!
ダムザさんだ!

村人

おお、ダムザさん!
ご無事でよかった!

今一度、例の女に襲われた者らに話が聞きたくてな。
すまぬが、案内を頼めるか。

村人

お安い御用でさ!
いつもお世話になってんだ、恩返しの機会は逃しませんぜ!

ダムザさんは、村の人気者なんですね~。

……あの見た目でねえ……。
ていうか、ガトリン。
あんたなんでさらっとイメチェンしてんの。

いっつも魔力をフルパワーで具現化させてたら、疲れちゃいますから。
休めるときは休む派です!

おうい、おぬしら。
例の女に襲われた武人が、まだこの村に滞在しておる。
話を聞きに行くぞ。

はーい。

はーい。

さて、おぬしを襲ったという女だが--

武人

ひぃいいーっ!そいつだ!
その女だあああ!

…………えっ。あたし?
……え!? はあっ!?

いやいやいや、この人とは仕合してないんだけど!

ガトリンの強制治療ではなかったというのか……。

ほーら、濡れ衣ぅ~。

むう。すまぬ。
しかし、そうなるとな……。
ここは、同じ女に襲われた村人にも話を聞くか。

村人

そ、そ、その女だ!
まちがいねえ!
ひいー! やめてくれー!
許してくれー! ひいいいー!

…………。

は~、すごい怯えっぷりですね~。
とりあえず、お薬だしておきましょっか。
ぞばぞば。

あたし、やってないってばぁ……。

わかっておる、リエン。
おぬしは、わしに対して仕合の申し入れから入った。
それはまちがいない。

リエンと良く似た何者かが、武人や村人を襲っている……と考えるのが、ここは妥当か。

許せない!
誰だか知らないけど、風評被害よ!
ふんづかまえて抗議してやる、ていうか破ぅーる!

当初の予定どおり、わしがオトリとなって、その女をおびき出そう。
ガトリンも、それでよいか?

ぞば!

武人や村人たちが襲われたという、村と村を結ぶ道……
ダムザは、ひとりでそこを歩き始めた。

リエンとガトリンは、道の脇に隠れている。

ねえ、ガトリン……あたしって、そんなに怖い?

ぜーんぜん怖くないですよっ?

ありがとう……でも、あんたに聞いてもしょうがないよね……はぁ……。

さて……これで引っかかってくれると良いが……。

???

い、命ばかりはお助けをぉー!

南無三……!
オトリの役目を果たせなんだか!
リエン、ガトリン、助けに向かうぞ!

患者あるところナースあり!
ざっくりぞばっと解決するぞば!

行くわよ!
あたしの輝かしい評判を守り抜く、そのために!!

偽リエン

ふふ……もっと泣きなさい。
そしてこの<煉獄華>の名を、世に轟かせるのよ……。

村人

あ、あうあうあう……。

だ、誰よあれ!?

似ているどころではない……まさに瓜ふたつぞ!
おぬし、生き別れの双子の姉妹でもおったか?

年がら年中ひとりっ子よ!!

まずいですね……これは見分けがつかなくなって、どっちも殴ってどうにかするパターンですよ!!

ンな危険なパターン想定してんじゃないっての!

こら、そこのあんた!
いい加減やめなさいっ!

偽リエン

げっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ!
こぉ~れはこれは!
本物さんのおでましねぇ~!

ずっと待ってたのよぉ…あんたを倒して本物になる日をねぇ!
げっひゃっひゃっひゃっひゃ!

……………………。

むう……どちらが本物のリエンさんなのか、まるで見分けがつかないですね!!

偽リエン

クク……そうだろう?

潰すッ!!!

はぁあぁああぁああああーっ!!

リエンは偽者の攻撃を紙一重でかわしながら前進、双の得物を至近距離から叩き込んだ。

瞬時の重心移動と全身のひねりを合わせ、助走をつけて放つよりなお強烈な威力を一撃に乗せる!

偽リエン

がはぁああぁああッ……!

すさまじい衝撃をまともに喰らい、偽リエンは、力なく大地に倒れ伏してゆく……。

“瞬蓮華”……我が流派の、基礎にして奥義よ。

然るべき師についた者なら、いなし方を知っていて当然なんだけど……しょせん、まがいものね。

ふむ。
接触の砌、魔力を“衝撃”と具現せしめたか。
修練と実践を経ずして使う能わざる妙技よ。

ふふ……まあね。
だからこいつには使えなかったわけ。
加減はしておいたから、活でもいれて……。

リエンが偽物を抱き起こそうとすると……偽物の身体は、輝く魔力に変わり、雲散霧消してしまった。

えっ……!?
魔力の具現化だったの!?

具現化の後、独立行動する魔力……幻獣の類か?
いや、待てよ。まさかこれは、“象恨呪”--?

え?
今の、何かの術だったっていうの?

うむ。
恨みや恐怖といった負の念を集め、それを元に魔力を具現せしめる呪法の一種よ。

おそらく、おぬしに破れた武術家らの恨みや恐怖を触媒に、あの偽物を生み出していたのだろう。

じゃあ……だからあんな性格してたわけ?

何よ何よ!
あたしが勝ったのはあたしの方が強かったからじゃん、勝手に恨むとかやめてよもー!

<煉獄華>の名はわしも聞いておった。
不憫だが、強すぎる者の宿命と思うしかないかもしれんな。

しかし、この秘呪を使える者が世にあろうとは。
ううむ……もしやとは思うが、あやつが……?

すねるリエンと考え込むダムザをよそに、ガトリンは倒れた村人に薬をぶっかけている。

ヨイホムラの塊根を煎じたものです。
身体を温め、血行を良くするとともに気つけ効果もありますよ。

へえ……ガトリン、あんたちゃんとした薬も処方できるのね。

いや、待て……わしも医術薬学には通じておるが、そんな薬草の話は聞いたことがないぞ。

でしょうね!

“でしょうね”て。

わたくしの薬は“そんなのあったらいいな”って気持ちを魔力で具現化したヤツですんで。
あは☆

……妄想から薬効を造り出すというのか……。
なんというか、でたらめな精神力をしておるな……。

どぉーう考えても、あたしよりこの子の方が怖いでしょ!?
ね!?ねえっ!!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。