魔轟三鉄傑のあゆみ⑨【決戦! 魔道城塞-後-】

魔轟三鉄傑のあゆみ⑨【決戦! 魔道城塞-後-】

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

果たしてそれは何度目の占領だったか。

ツィマオツィカ族が滅びた後、バラキーファは幾度となく心ない者たちの悪意にさらされた。

そのときも、多国家連合軍に大敗した、さる侵略軍の残党たちに立てこもられることとなった。

そんなとき--バラキーファを囲む連合軍に雇われて姿を現したのが、ルディオだった。

“あの城を落とすのだ”

連合軍の将軍から命令を受けたルディオは、しかし、気のないそぶりで肩をすくめた。

ルディオ

あんなきれいな城を、血で染めることはない。

言って、さらりとバリスタを構えるや、
誰が止める間もなく、矢を放った。

それだけど、籠城は終わった。

ルディオが放った矢は、放物線を描いて飛び、城内唯一の井戸を直撃した。

矢はどろりと溶け、井戸水に強烈な苦みを与えた。
身体に害をなすような毒ではなかったが、とても飲めたものではなかった。

もともと追いつめられた敗残の兵である。
主要な水源を失い、すっかり心を折られた彼らは、早々に投降を申し出たのだった。

その結果を、ルディオは誇るでもなかった。

ルディオ

俺は攻城戦の専門家だが、別に城を憎んでいるってわけじゃない。
むしろ逆だ。
俺は城が好きなんだ。
だから、ああいうきれいな城を見ると、つい傷つけないよう落としたくなるのさ。

“城を落とす”ということだけにこだわり続けた、あきれるほど無骨な男の粋なふるまい。

シャティ

(そうだ。わたしはあのとき--)

まちがいなく、落とされたのだ。

ルディオ・ディルという男の、その姿に。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

地獄三十六歌仙

ケケーケケケーッ!
ようやく出番だなあ~~っ!

地獄三十六歌仙

これ以上、好き勝手はさせねえぜ~~~っ!!

下卑た声とともに、平原のあちこちで爆発が起こった。

上からの爆撃ではなかった。
地面が下から爆裂したのだ。

そして空いた穴から、次々と何かが這い出てくる。

ルディオ

なんだ、こいつらはッ……!?

穴から現れたのは、身体に機械を埋め込んだような、異様な風体の歌仙たちであった。

それが、蟻か何かのようにぞろぞろと外に出ては、ゆっくりルディオたちへにじり寄ってくる。

シャティ

くっ……!

ルディオをかばうように立つシャティへ、彼らはゲラゲラと嘲笑を浴びせた。

地獄三十六歌仙

お~やおや、仲良ちでちゅね~!!
でもぉ、お嬢ちゃんに何ができるのかな~!?

地獄三十六歌仙

数は力、数は暴力、数はパワー、数はフォース!
てめーらなんかじゃどうにもならないぜーっ!

湧いて出る。次々と。
すでに100は越えているだろうに、まだ増える。
もはや周囲は完全に囲まれていた。

シャティ

(だけど……守らなきゃ!)

自分のために戦ってくれている3人を。
その3人を助けるために戦いながら、自分のために憤ってくれている人を。

シャティ

ここで守れなかったら……
魔道城塞の名が廃る!!

決死の覚悟を決めたとき。

メイフゥ

まさか、バイオ歌仙を実用化させていたとは。
歌仙の細胞をクローニングして量産したものにサイバー仙骨を埋めた、擬似仙兵です。

ぽん、と右肩に手が置かれた。

トゥーラ

人間にできるような所業じゃない。
はっきりにおう、この気配……やはり、禁忌なる魔神の力を借りているね。

ぽん、と左肩に手が置かれた。

シャティ

トゥーラさん、メイフゥさん……。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

トゥーラ

神の力が相手なら--

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

メイフゥ

神の本気を見せましょう。

烈風がほう奔った。

自分の両隣にいた女たちが、一瞬で敵陣へと突撃していったのだと、シャティは遅れて理解する。

トゥーラ

神としての全力は、同じ神にしか振るっちゃあいけないんでね。

無数の刃を、トゥーラは放った。

扇状に散った刃は、聖なる風切り音を立ててバイオ歌仙たちに突き刺さり、清らかなる爆砕をもたらす。

トゥーラ

見るがいい。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

ス、と、トゥーラは天に指を向けた。

すべての刃がそれに従い、天に昇って、そのままぐるりと巨大な輪を描く。

ぽかんとそれを見上げる歌仙たちへ、トゥーラは厳かに告げた。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

トゥーラ

降れ--神罰!!

宙に浮かんだ剣の輪が、陽光を受けて光り輝いた。

収束した陽光は、輪と同じ太さを持つ巨大な光の矢と化して、眼下の歌仙たちを瞬時に蒸発させた。

トゥーラ

勝利の女神にゃ、貸しがあるんでね。

降り注ぐ光のなかで、トゥーラは静かに、きびすを返した。

メイフゥ

バイオクローニングサイボーグモブ歌仙……
魔神の力によって生み出された、あわれなるかりそめの者たち……。

メイフゥ

私が、きれいにして差し上げましょう。

つぶやきながら、メイフゥは敵の群れの間を歩いていく。

ただ歩いているだけなのに、どんな攻撃も当たらない--かすりすらしない。
まるで揺らめく陽炎そのものであるかのように。

やがて、敵陣を抜けたメイフゥは、彼らに背を向けたまま、高らかに叫んだ。

メイフゥ

謳え--
フェーゲフォイアー!

Fegefeuer

Dust to dust.

無数の火柱が立ち昇った。

歩き抜けたメイフゥの足跡--そのすべてから、天をも焦がす巨大な黒い火柱が屹立し、居並ぶ歌仙たちを瞬く間に焼き焦がしていく。

炎を背にしたメイフゥは、ぐるりと大きく鎌を振るい、すべてを呑み込む風を吹かせた。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

メイフゥ

神技ミュルエントゾルグング!

黒い火の粉と黒い灰。
鎌から生まれた冷たい風が、そのすべてを吹き払っていく。

そのさまを見つめながら、メイフゥは誰にともなくつぶやいた。

メイフゥ

紙とプラ、分けます?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。