魔轟三鉄傑のあゆみ⑩【絶級 降臨! 魔道魔人!】

魔轟三鉄傑のあゆみ⑩【絶級 降臨! 魔道魔人!】

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

2柱の神が力を振るうツィマオツィカ平原--
その片隅に、ひょっこり動く影があった。

ククク……奴ら、伏兵には気づいておらぬわ。
まさに千載一遇の好機!
牢を抜け出してきた甲斐があったな!

ゲスタイガー兄者!
今こそ奴らに借りを返してやろうではないか!

おうよデスタイガー。
我ら心に虎を飼う一族の力、彼奴らに思い知らせてやるべし!
べしべし!!

ふたり、高らかに笑い合い、金で雇ったゲス傭兵たちとともに、戦場へと踏み込もうとする。

だが。

???

ちょーっと待った!

彼方から放たれた投剣の群れが、次々とゲスタイガーたちの足元に突き刺さり、その歩みを阻んだ。

な、何奴!

ふたりは、剣が飛んできた方向--
前方の断崖を注視する。

???

悪いけど、そうはさせないよ。
あたしたち5人がいる限りね。

???

伏兵を置いてたのは、あんたらだけじゃなかったのさ。

???

単に、どこかの誰かが寝坊したせいで戦いに間に合わなかっただけだがな。

???

い、言わなきゃわかんないことを!

???

単に、どこかの誰かが寝坊したせいで戦いに間に合わなかっただけだがな。

???

我らは、魔刃五影将……。

???

地獄三十六歌仙!
おまえたちの悪事、ここまでと知れ!

戦闘の少女が宣言した次の瞬間、5人が跳んだ。

ためらいもなく断崖から跳び下りたかと思うと、手に手に剣を抜きつれて、ゲスタイガー一味へと駆けこんでいく。

ええい、けったいな連中め!
空気を読むということを知らんのか!

みなの衆、出会え、出会えーい!

総勢100人にも達する傭兵連中が、雄叫びを上げて5人を迎え撃つ。

普通に考えれば、到底、勝負になる数字ではない。

だが、この5人、あいにくと“普通”の範疇から外れに外れた者たちだった。

ヒフミ

逆影流のヒフミ・シシガ、参る!

少女が無数の剣を投じた。

刃は押し寄せる傭兵たちの足元、その影に突き刺さる。

傭兵

ひぃい~っ、なんだぁ~っ、
怖くて怖くてたまらねえ~っ!

傭兵

なんで俺は剣なんか持ってるんだ、
危ねえじゃねえかーっ!
おっかさーん!

ヒフミ

ふふん。
ママのところへお帰んなさい。

傭兵たちはたちまち戦意を喪失し、武器を投げ捨てて遁走を始めてしまった。

ミサギ

直影流のミサギ・ヤノ、参る!

バニー姿の少女が、高々と跳躍した。
その高さ、優に人の数倍であった。

傭兵

くそっ、これじゃあ剣が届かねえ!

傭兵

うわあ、降りてくるぞーっ!

ミサギ

はいはい、ちょっと邪魔するよっと!

傭兵たちの剣を軽々と飛び越え、ふわりと降り立ちながら槍剣を一閃。
敵はバタバタと倒れ伏していく。

ヤシラ

虚影流ヤシラ・マガヒム、参る。

男が、するりと敵へ向かった。

たちまち傭兵たちが殺到し、剣を振るうが、男はそのすべてをたちどころに弾いてのけた。

傭兵

な、なんだこいつ!
こちらの攻撃を全部読んでやがるのか!?

傭兵

ちくしょう、わけがわからねえ!

ヤシラ

おまえたちが、教えてくれるからさ。

颶風のごとく剣威がうなる。
傭兵たちは抗うすべもなく、手にした得物を弾き飛ばされてしまった。

セリカ

馬影流のセリカ・イツト、参る!
悪党ども、我が剣を受けてみよー!

少女が物言わぬ木馬にまたがった。

すると地面から巨大なメリーゴーラウンドが出現し、少女の木馬を回収しつつ、傭兵たちへ向かっていく。

傭兵

剣関係ねえーっ!

セリカ

ほらー、うちって馬術専用だからー。

傭兵

馬術でもねえーっ!

傭兵たちは叫びながら吹っ飛んでいった。

おのれ、魔刃五影将!
こうなれば、我ら兄弟の力にて葬ってくれる!

おう兄者、今こそ見せよう合体奥義!

ゆくぞ!
タイガーダッシュ!

そしてゲスフィールドッ!

“崇高なる志”を重みに変えるフィールドのなかで、デスタイガーが高速移動を始めた。

どうだ!
これでなすすべもあるまい!

デスタイガーが倒れた。

お、重い……なにこれ兄者、めっちゃ重い……。

ちょ、ちょっと待て!
なに!?
おまえなに!?
あんの!?
志あんの!?

実は人を売ってるフリをして、国に迫害された人々を他の国に亡命させてる……。

ウソだろおまえ!!

ネイハ

峰影流のネイハ・コガナ、参る!

凛とした少女が、滑るような足取りでゲスタイガーへと向かった。

麗剣が艶やかにひるがえり、両の虎を瞬時に叩き伏せる。

馬鹿な……貴様……
志の重みがありながら、なぜ動ける……。

ネイハ

私は常に、抱いた志の重みを意識しながら生きてきた。
今さらその重さに屈する道理はない。

ぱちりと剣を鞘に納める少女の後ろで、ダブルタイガーが意識を失う。

ネイハ

峰打ちである。
生きて己が罪を償うがいい。

その頃には、他の傭兵たちもあらかた倒れるなり逃げるなりしていた。

ヒフミ

これでこっちは大丈夫だね、ネイハ。

ネイハ

ああ。

うなずいて、ネイハははるかなる空へと視線を向ける。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

禍々しい気を発する魔城--
そして、そこへ向かう一対の翼へと。

ネイハ

あとは、魔轟三鉄傑に任せよう。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

魔道城塞バラキーファ。

幾多の攻撃を潜り抜けたガンナースは、その屋上へ身体を滑り込ませた。

ガンナースから飛び出した三鉄傑を待っていたのは、広い屋上の真ん中で玉座に座った、壮年の男--

???

よくぞ来た、魔轟三鉄傑。

スローン

我こそは、地獄三十六歌仙が長--
玉座の仙ロードを極めし玉座魔、スローンである。

スローン

我が身にふさわしい玉座を探し求めて幾星霜。
ようやく手にしたこのバラキーファ、
貴様らに明け渡すつもりはない。

そんなこと興味はないわ。
あたしたちはね、あんたらのせいでメーワクしてる女の子を助けるために来たの!

然なり。
かかる非道を見過ごすわけにはゆかぬ!

困っている人がいたら、とにかく助ける!
その誓いを胸に戦う!
それが--

我ら!

魔轟!

…………えっ?
あー………え?
あ、やるの?
そういうの?

我ら!!

魔轟!!

さ……さんてっけつ……。

我ら!!!

魔轟!!!

三鉄傑!!!

とにかく!
あんたみたいなろくでもないおっさんに、シャティは渡さないわよ!

スローン

フフ……ハハハ!
愚か者め!
あの小娘など、もはや必須の存在ではない。

スローン

わしが真に求めておったのはな--
魔轟三鉄傑!貴様らよ!

笑うスローンの玉座から、絶大な魔力が放たれる。
邪悪な風がごうごうとうなり、空間そのものが悲鳴を上げさせた。

なんだこの魔力は!
尋常な量ではないぞ!

スローン

これなるは、わしがひょんなことから手に入れた、はるかなる太古に封じられし“逆境の魔神”イーヴァ=シーダの力……。

ひょんなことと言いますと?

スローン

タンスの角に小指をぶつけた拍子に開いた隠し扉の奥で見つけた。

ひょん過ぎるわ!!!

スローン

この力は背水の陣にあってこそ真価を発揮する。
つまり本気で追い込まねば本気は出せぬのだ!

スローン

ゆえにわしは、わしを追い込める強者を求めた!
その白羽の矢が立ったのが、貴様たち魔轟三鉄傑なのだ!

まさか--ルディオに依頼したのは貴様なのか!

スローン

そうとも!
我が掌の上で踊っているとも知らず、まことに滑稽であったわ!

じゃあ、他の歌仙たちは、何も知らずにあたしたちにブッ飛ばされたっての!?

スローン

然様。
奴らはしょせん手駒に過ぎぬ。
我が野望の足がかりとなれて、さぞかし本望であろう!

なんてやつ……!

スローン

おかげで魔神の力は最大まで高まった!
実際ここでやられるとは本気で後がないゆえな!
まさに背水の陣というわけよ!

使い辛くないか、その魔神。

スローン

これしか家になかったのだから仕方あるまい。
さあ、見せてやろう。
魔神の力を受けて放つ我が仙術奥義--
“強えヤツ召喚”をな!

ネーミング!!

スローン

この力で召喚した強者に各地で集めた貢物を捧げ、この魔道城塞とともに世界中を制圧する!
さすれば我が天下の到来である!!

ハッ!
そうか!
そのために、リンゴを盗んでいたんですね!?

今さらソコにつながんの?

スローン

ふははははは、さーてどんな強者を呼ぼうかのう!
そうだな、1人でも強くて、あと黒っぽい奴がいい!
そういう奴はだいたい悪い奴だからなー!

なんという偏見召喚!

スローン

いざ来たれ!
1人で黒くて強いヤツ!!!

スローンの叫びにお呼応して、集う魔力が強烈な光を放った--

ウィズ

…………。

ウィズ

なんにゃここは!!

なんだろうね、と君は言った。

いつものように、トルリッカの魔道士ギルドに向かって道を歩いていたら、突然景色が一変した。

どうやら、どこかの城の上らしい。
玉座に腰かけた男と、統一感のない風体の3人がいる。

ウィズ

いや、なんで玉座が屋上にあるにゃ。

それもそうだね、と君は首をかしげ、周囲を見回した。

場の誰もが、きょとんとして君を見つめている。

妙ないたたまれなさを感じながら、君はとりあえず3人組の方を見た。

すると彼らはあわてた様子で、何やら話しかけてくる。

オ……Oh、
ミーら、違うネー、敵じゃないネー!

わしら イイヤツ!
あいつ 悪いヤツ!!

ぞば! ぞばぞば! ぞばぷぅ!

いや、言葉通じるから、と言いながら、君は彼らが指差す玉座の男へ向き直る。

スローン

ま、待て待て待て!
ほーら黒猫連れの魔人よ、共に世界を支配しよう!
奴らを倒してくれたら、このおいしいリンゴをあげちゃうぞー。

ウィズ

悪いヤツにゃ。
キミ、とりあえずやっつけるにゃ。

世界を支配しようとする人間を放っておくわけにはいかないね、と、
君はうなずいてカードを取り出す。

スローン

あっれー!?
なんかいいヤツ来ちゃったぞー!?

どうも、と言いながら、君はカードに魔力を込めた。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

スローン

こうなったらヤケクソじゃー!
玉座魔の力を見せてくれる!

スローンは、玉座ごとフワリと浮き上がり、そのまま高速で突進してきた。

おわっ、何よアレ!

ぞびゃん!

スローン

玉座を愛してやまぬわしは、あらゆる玉座を自在に操ることができるのだ!

スローン

ただしその代わり、玉座から離れることができぬ。
わしは本当は、世界などではなく、玉座からの解放を望んでいたのかもしれぬな……。

知らんわい。

スローン

そしてわしの力は、逆境になるほどアップする!
頼みの綱の魔人が敵に回った今、もはやわしは無敵なのではないだろうか!?

確かに、君たちの攻撃はいっさい通じていない。

どうしたものかと君が考えあぐねていると。

地獄三十六歌仙

スローンさま~~~っ!
ご無事ですか~~~っ!!

地獄三十六歌仙

俺たちが来たからには、もう大丈夫ですぜーっ!!

突然、ガラの悪い男たちがどやどやと屋上に上がりこんできて、君たちの前に立ちふさがった。

スローン

え。

地獄三十六歌仙

スローンの旦那ーっ!
ひとりで戦うなんて水くさいぜーっ!

地獄三十六歌仙

あんたにゃ日頃から世話になってんだ。
今こそその恩を返すときと見たぜーっ!!

スローン

いや。ちょ。

地獄三十六歌仙

さあ、反撃開始だーっ!
これだけの数がそろえば、負けるわけがないぜーっ!!

途方もなく強大だったスローンの威力が、しおしおとしぼんでいく。

3人が叫んだ。

今だ---っ!!

今だ---っ!!

今だ---っ!!

うなずいて、君は魔法を撃ち込んだ。

どっかんどっかん撃ち込んだ。

地獄三十六歌仙

ぎゃひーーーーーーーっ!!

敵はまとめて吹き飛んだ。

先ほどまで攻撃が通じなかったのが嘘のような、見事な吹き飛びようだった。

逆境になればなるほど力を発揮する魔神……
げに恐ろしや。
敵の増援が来なくば危ういところであったな。

手駒としか見ていなかった部下が、実は心から慕ってくれていて、恩義を返そうと身体を張って戦う……今年のベスト慈悲ある賞獲れますね!

それで負けてちゃ世話なくない?

3人がそんなことを話している横で、君の身体が淡い光に包まれ始めた。

元の世界に戻るときが来たらしい。

それに気づいた3人が、そろって笑顔を向けてくる。

ありがとね、黒猫連れの魔人。
あんたのおかげで、助かったわ。

いずれまた、共に戦おうぞ。
黒猫連れの魔人よ。

あなたのこと……絶対に忘れません!
黒猫連れの魔人の人!

ウィズ

いや君ら結局どこの誰にゃ!!

なにがなんだかよくわからないまま、君とウィズは光の渦に吸い込まれた。

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

戦いは終わり、バラキーファは取り戻された。

地獄三十六歌仙が倒れ、世に平和が戻ったのだ。

リエンたちはガンナースを駆り、揚々と平原に戻ったが--

シャティは笑顔で出迎えてはくれなかった。

シャティ

うっ……うう--

少女は平原に倒れ伏し、ひどく苦しそうな声を上げていた--

シャティ!?
ちょっと、これどうなってんの!?

トゥーラ

バラキーファは、スローンの魔神の影響下にあったからね。

メイフウ

バラキーファの幻獣であるこの子は、ずっと、魔神の悪しき魔力に影響を受けていたのです。
そして今、限界が訪れてしまった……。

ルディオ

あんたたち、女神なんだろ?
どうにかできないのか。
これがこの子の終わりなんて、あんまりだぜ。

トゥーラ

方法はある。
邪悪を清める聖なる霊石“ヴィーエース”……
それがあれば、この子を救える。

だったら採ってくりゃいいんでしょ!
どこにあんの!?

トゥーラ

マハツーマ山を越え、オーキオーサ海を渡り、ダグォンタ氷域の先にあるアイズオブダークネス空洞の地下に下りれば見つかると言われている。

え。ちょっ……、……遠くない?

行きましょう、リエンさん!
シャティちゃんの命を救うために!!

うむ。
それ以外に方法がないのなら、そうするしかあるまいて!!

だーっ!
わかったわよ!
行ってやろーじゃないの!

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

1年後。

採って来たわよ!

トゥーラ

確かにこれは“ヴィーエース”!
よくぞやったね、魔轟三鉄傑!

なんとかしたわ。
死ぬほど大変だったけど!

マハッツーマ山の頂にて、世に災厄をもたらさんとする<獅子座流星王>と相対した折は、さすがに死を覚悟したのう。

ダグォンタ氷域では、“カッコいいこと言った方が勝つ”法則を具現化する強敵、シャレオツこぞうとの戦いが死闘オブザイヤーでしたね~。

で、これをどうすりゃいいの!?

トゥーラ

喰わす。

シャティ

ごふう!

石よ!?

トゥーラ

喰える。

シャティ

にがい……。

噛み砕きおった……!!

医学的には、城にとっての石は血肉みたいなもんですからね。

どこ医学じゃ!

シャティ

あ、なんか元気になりました!

軽ぅーい!!

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

そんなこんなでシャティも元気になり、今度こそ、世に平和が訪れた……。

シャティ

ありがとうございました、みなさん。
おかげで本当に助かりました。

ならいいけど、今後どうするかって決めてるの?

シャティ

はい。

シャティは、そそそっとルディオに寄りそい、はにかむような笑顔を浮かべた。

シャティ

ルディオさんと結婚して、円満な家庭を築いてきたいと思います。

そう。

シャティ

子供は2人、一姫二太郎。
ペットは犬と猫とハムスターと文鳥と--

うむ。

ルディオ

待て。
……聞いてない。

シャティ

え、だって、
プロポーズしてくれたじゃないですか。
“きれいな城だ”って。

ルディオ

いや、あれはそういう意味じゃ……
だいたい、結婚も何も、おまえ城だろ!?

シャティ

あ、ひどい!
城差別ですよー、それ!
人は堀、人は石垣、人は城……
つまり城=人なんです!

ルディオ

無茶言うな!
だいたい俺は風来坊なんだ!
結婚なんかしてたまるか!

バリスタ

そーよそーよ!
このマセガキ、ウチのダーリンに色目使ってんじゃないわよ!

その弓しゃべんの!?

ルディオ

とにかく、俺は結婚なんてしないからな!

シャティ

あーん、待ってください!
ゆけ、我が本体ことバラキーファ!!

逃げるルディオ、追うシャティ。
魔道城塞バラキーファが、ゴゥンゴゥンと重い音を立てながらその後についていく。

素で飛んどる。

トゥーラ

魔神の悪しき影響だけを浄化したことで、その力を取り込んじまったみたいだね。

するとシャティは神の力を手に入れたのか?

トゥーラ

そうなる。
女神としちゃ放っとけない案件だ。
こりゃ、しばらく目が離せないね。

メイフウ

そうですね。
誤った方向に進まぬよう、導いて差し上げるのも我らが務め。

トゥーラ

面白そうだしね。

メイフウ

んだんだ。

あんたらホントろくでもないわね……。

トゥーラ

あ、そうだ。
はいこれ。

トゥーラが、ペラリと一枚の紙を手渡してくる。

えーと、なになに……?
『求む! 世界を揺るがす大悪党・魔轟三鉄傑を倒してくれる強いヤツ!』

はあっ!?
な、な、なによこれ!?

トゥーラ

いやあ、この1年の間に、あんたらの悪名が轟きに轟いちまってねえ。

なんで!?
逆じゃないの!?
あたしたち、地獄三十六歌仙を倒したのよ!?
むしろヒーローじゃん!!

メイフウ

それがですね、彼らは表向き、慈善団体の皮をかぶっていたようで。
それを潰したあなた方は、史上最悪の極悪非道集団と目されているのです。

あんな名前の慈善団体あるかーーーーッ!!

思うさま叫んでから、リエンは、がっくりと崩れ落ちた。

その肩を、苦笑しながらダムザが軽く叩く。

そう落ち込むな。
濡れ衣はいずれ晴れるもの。
地道に悪を成敗し、名を高めてゆこうではないか。

そうですよ、リエンさん。
わたくしたち3人が力を合わせれば、きっとなんとかなります!!

3人、か……。

その言葉を受けて、ひと思う。

もともとリエンは、友と呼べる者を持たず、ただ孤高に武の道を追求し続けていた。

それがいつの間にか、よくわからない縁で出会った2人とつるみ、魔轟三鉄傑などと呼ばれている。
不思議なものだが、嫌ではなかった。

そう思う自分に、少し驚きながら--

リエンは、小さく微笑んだ。

ま……それもいいかもね。

そう--この3人でなら--

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

めくるめく死闘の果て、ついに地獄三十六歌仙が倒れ、世界に平和がカムトゥルー!

やったぞ魔轟三鉄傑!
ありがとう魔轟三鉄傑!
フォーエバー魔轟三鉄傑!!

次回、新番組レジェンドナースガトリン☆GU!
第1服、ぞばっ!? ときめくあなたとGTH!
に~、イマジネイティブ☆ロックオン!

下の根も乾かないうちからソロデビューすんな!!

人気ブログランキングに参加しています!よろしければクリックお願いします★

魔法使いと黒猫のウィズランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。