魔轟三鉄傑のあゆみ④【初級 参戦! 流浪女神!】

魔轟三鉄傑のあゆみ④【初級 参戦! 流浪女神!】

黒猫のウィズ 魔轟三鉄傑

たちまち、大乱闘が始まった。

食事中になんだってのよ、まったく!

椅子にテーブル、周囲の客--
障害物の多さをものともせず、リエンは店内を軽やかに跳ね回った。

しなやかな手つきで敵の一撃をさらりと払い、ほとんど同時に、流れるような蹴りを叩き込んで沈める。

防御の動作をそのまま反撃の一手となす、攻防一体、精妙巧緻の武技である。
歌仙たちは驚愕する間もなく倒れていく。

てんでたいしたことない連中ね。
覚悟しなさい。徹底的に、破ってあげる。

リエンは余裕の笑みを浮かべ、ゆるりと、しかし隙のない構えを取った。

繊弱の肝をむさぼるは、我が気の影なる凶荒鷲!

ダムザが呪文を唱えるや、足元の影から黒い魔鳥が飛び立った。

魔鳥は耳障りな雄叫びを上げてはばたき、一瞬にして歌仙たちの身を突き抜けていく。

貫いたのではない。
ただ突き抜けただけだった。

しかし、歌仙たちは一様に絶叫を上げ、ありもしない傷の痛みにのたうち回る。

心強き者には通じぬ類の幻術よ。
いくら身を鍛えようと、心を鍛えねば意味がない。
潰した肝に銘じておくのだな。

ダムザはニヤリと笑い、次の術に移った。

ナース忍法、こむら返しの術!

突然のこむら返りに襲われて、歌仙たちが次々にその場に倒れる。

痛みを抑えようと、必死に足の親指を折り曲げる歌仙たちへ、ガトリンは、にこやかな笑顔と注射器とを同時に向けた。

イマジネイティブ☆ロックオン!
ガトリン・チャンバー、ぞバースト!!

まったくさっぱりこれっぽっちの容赦もなく放たれた謎の液体が、床に転がる歌仙たちをぶっ飛ばした。

少女を守って戦う3人の力に、残る歌仙たちは、思わず後ずさる。

地獄三十六歌仙

な、なんだァてめーら~っ、強えじゃねえか~っ!
いったい何者だ~っ!

フッ!
巷でウワサのにくいヤツ、魔轟三鉄傑とは我らのこと!

地獄三十六歌仙

なにぃ~っ、貴様らがあの、国から前代未聞の懸賞金をかけられた、絶賛指名手配中の大悪党どもだとぉーーっ!

ご、ご丁寧な説明はやめなさい!!

その叫びに、店内の男たちが次々と立ち上がった!

ガラの悪い男

そうと聞いちゃあ黙ってられないぜーっ!

ガラの悪い男

そいつらを倒して懸賞金をゲットするのは、この俺だぜーっ!
クケケケケーっ!!

だーっ!
面倒なことになったーっ!!

つーかあんたらどこが歌仙よ!

地獄三十六歌仙

ゲククーっ!
今の時代、歌仙もロックに行かねえとなあ~~っ!

地獄三十六歌仙に加え、賞金首狙いの男たちが暴れ回り、店内はもはやめちゃくちゃである。

???

きゃあっ!

小さな悲鳴に、リエンは振り返った。

見ると、1人の歌仙が、あの少女を捕まえている!

地獄三十六歌仙

ケケーッ、捕まえたぜーっ!
乱闘の際に本来の目的を果たすなんて、俺はなんてクールな野郎なんだぜーっ!

しまった!
ちょっ、こらまちなさいあんた!

追いかけようとするリエンだが、金に目のくらんだ連中が次々と押し寄せ、それを許してくれない。

地獄三十六歌仙

さらばだぜ~~~っ!

少女を連れ、悠々と店を出ようとする男--

その東部を、店の奥から飛んだ何かが直撃した。

???

ブーメランヘィロゥ。

地獄三十六歌仙

ぐへーっ!

男は一発で昏倒--
少女が、あわててその腕から逃れる。

……!?
これは……!

男の頭に当たって跳ね返った“それ”を、リエンは乱戦のなかでキャッチした。

これは……!!
これ、は……えっ……
なに……なにこれ。

???

うるさいねえ。
これじゃあおちおち酒も呑んでられないよ。

店の奥から声がした。

すると、リエンのキャッチした光輪が、意思持つもののごとく、そちらへ飛んでいく。

その先には、女。

あでやかな手つきで光輪を受け取り、それを、そっと己の頭上に浮かせて、どこかふてぶてしい笑みを浮かべる。

地獄三十六歌仙

てっ、てめえーっ!
何者だーっ!

トゥーラ

あたしはトゥーラ。

しゃらり、と衣ずれの音を響かせて、女は優雅に脚を組み替えた。

トゥーラ

どこにでもいる、流れの女神さ……。

どこにでもいてたまるかそんなもん!!

もとより、数こそ多いが大した敵ではなかった。

謎の女神トゥーラの加勢もあって、ノリで参加した賞金稼ぎたちは次々とノされ、床に転がっていく。

形勢不利と見た地獄三十六歌仙は、悔しげにうめきながら指で印を結んだ。

地獄三十六歌仙

く、くそーっ!
覚えてやがれーっ!!

すると、倒れていた連中を含め、歌仙という歌仙が一瞬で姿を消してしまった。

は!?
なにいまの!?

腐っても歌仙……仙術を使いおったな。

ともあれ戦いは終わり、あとには荒れた店内と、目を回した賞金稼ぎたちが残った。

トゥーラ

騒がせちまったね、親父さん。
迷惑料だ。取っときな。

さらりと言ったトゥーラが、店の奥で縮こまっていた店主に向けて、ピン、と何かきらめくものを指ではじく。

店主

お客さん、こいつはザギンの金貨じゃねえか~っ!
これなら店を建て直してお釣りがくるぜーっ!

そのカッコ、流行ってんの?

トゥーラ

それで?
いったい何が発端だったんだい?

うむ。
そこな少女が連中に追われておってな。

ダムザの指差す先--
倒れたテーブルの奥から、少女が顔を出す。

???

た、助けていただいて、ありがとうございます。

わたし、シャティっていいます。
あいつらに捕まっていたんですけど、隙をついてどうにか逃げ出すことができて……。

シャティはうつむき、ぽろりと涙をこぼした。

シャティ

でも、もうだめ。
おうちに帰りたい……。

そして、そのまま、がくりと倒れてしまう。

ちょ、ちょっと、だいじょうぶ!?

ササッとガトリンが駆け寄り、診察を始めた。

ちょっと疲れただけみたいですね。
とりあえず、お薬出しときましょうか。

不憫なものよ。
なぜかようなやつばらに追われておるのか……。

家に帰してあげたいけど、あいつらが諦めない限り、またさらわれちゃいそうね。

義を見てせざるはブレイブレス。
ここはひとつ、地獄三十六歌仙をとっちめてやりましょう!
ぺちんってね、こうね、ぺちぺちーんってね!

それしかないか。
ま、人さらいなんてするくらいだから、どうせ悪い連中なのは確定だし。
名を上げるにもいいかもね。

悪とわかれば話は早い。
3人は、ごくあっさりとうなずき合った。

そのさまに、トゥーラが面白そうに笑う。

トゥーラ

見知らぬ少女のため、巨悪に戦いを挑む……か。
気に入ったよ。
あたしも手伝ってやろうじゃないか。

いいの?

トゥーラ

ああ。
あたしは地上を守るために天から降臨した女神だからね。

なるほど、それで、悪を罰して世の摂理を保とうと……。

トゥーラ

……いうタテマエを利用して、面白そうなもめ事に首を突っ込むのが趣味なのさ。

世も末ー…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。